入院のご案内入院のご案内|神田マタニティクリニック 大阪府吹田市産婦人科 自然分娩、安全な出産がモットーです。江坂駅からアクセス便利です。

当院は様々なお産のスタイルをサポートします

自然分娩・立会い分娩・計画分娩・計画無痛分娩

自然分娩
皆さまに自然に備わったお産をできる力を信じ、感じてください。それは何百万年と自然界で子孫を残してきた営みであり、全ての生物が自律的に行っています。そんな力を無理なく自然に発揮できるよう当院は最大限のサポートをします。一定の苦しさもありますが乗り切った際に全てが感動に変わる経験は一生忘れません。
立ち会い分娩
なるべくご家族にも立ち会ってもらっています。(新型コロナ禍のため分娩時の付き添いには制限がありますが、立会い分娩はお父様には許可しています。)かけがえのない瞬間をご家族と共有されると、感動が何倍にもなるでしょう。
計画分娩
ご家族の立ち会いの予定がつきにくい場合は、日にちを決めて計画分娩される事も一つの方法です。またお子様のお世話をされる方を手配する計画を立てるために、入院の日取りを前もって決めることは有意義です。入院の日取りを外来で事前に相談して決めてもらうと良いでしょう。
無痛分娩
医療の進歩した現代社会においては、無痛分娩によりお産の痛みだけでなく恐怖心も避けることができ、分娩が幸せにあふれた時間と感じることができるでしょう。
計画無痛分娩
いつ来るかわからない陣痛に対しての不安が強い方には、計画的に無痛分娩を施すことで安心してお産にのぞむことができます。特に経産婦の場合は、計画通り分娩が進行しやすいので適しています。(注;2021年12月以降が予定日の初産婦は受け付け休止中です。)

お産のスタイルには様々な選択肢がありますが、皆様にあったプランを選べるよう、全ての妊婦様には充分に対話する時間をとりながら、より良いお産にむけてバースプランを立てていきます。
外来では、安心してお産ができるように日頃から妊婦さんの体の状態をこまかくチェックし、分娩までの自然な経過を見ていきます。

各種情報

緊急時

当院での緊急帝王切開手術はもちろん、各病院との万全な協力体制で母児ともに高次医療機関への搬送なども素早く対応しております。

関連基幹病院
(OGCS:産婦人科診療相互援助システム,NMCS:新生児診療相互援助システムによる搬送先)
国立循環器病センター
済生会吹田病院
市立豊中病院
淀川キリスト教病院
大阪大学医学部付属病院
大阪医科大学付属病院
愛仁会高槻病院
北野病院
愛仁会千船病院
大阪市立総合医療センター
関西医科大学付属病院
府立母子保健総合医療センター

入院の費用

正常分娩の場合、初産は産後4泊5日、経産は産後3泊4日の入院期間となります。

【分娩費用】

解説
入院や分娩の時間帯や分娩までの所要時間で多少の増減が生じます。保険機構より直接産院に出生一時金42万円が払い込まれるという直接支払い制度を採用しています。
分娩予約申込金5万円は分娩費用の前受け金として後に清算します。入院費用はご退院時にお支払いください。 休診日がご退院の日にあたる場合は、前日の診療時間内にお願いいたします。その他、ご不明な点は受付までおたずねください。
初産の方 (産後より4泊5日の入院):約55万円前後(産科医療補償制度の掛け金1万6千円を含む)
→退院時の実際のお支払いは8万円前後となります。(内訳:55万円 - 出生一時金42万円 - 分娩予約金5万円)
経産の方 (産後より3泊4日の入院):約50万円前後(産科医療補償制度の掛け金1万6千円を含む)
→退院時の実際のお支払いは3万円前後となります。(内訳:50万円 - 出生一時金42万円 - 分娩予約金5万円)
帝王切開の方 予定帝王切開の場合は入院は術後7日間で、予定手術で総額約52~62万円です。(産科医療補償制度の掛け金1万6千円を含む)
→退院時の実際のお支払いは5〜15万円前後となります。(内訳:52~62万円 - 出生一時金42万円 - 分娩予約金5万円)(保険自己負担分と産科医療補償制度の保険掛け金を含む。限度額適用認定のどの区分かにより変動あり)緊急帝王切開の場合は手術までの分娩管理分の加算があります。
無痛分娩の費用 無痛分娩費用は別途加算となり、硬膜外麻酔で経産婦12万円、初産婦18万円です。時間外(20時~8時)や休日は1.5倍となります。他に急に麻酔を擁する際に脊椎麻酔(単独は経産、初産ともに6万円)という方法もありますが、計画で行う場合は硬膜外麻酔が標準的方法です。

当院の費用で安心なところ

  • 当院では安心して分娩して頂けますように通常の分娩費用に上限を設けています。
    分娩の時間帯、分娩までの入院期間、追加の医療処置などで金額の変動が生じることがありますが、増加分は最大3万円までとしています。帝王切開や入院期間を希望により延長される場合はその限りではありません。お産は病気ではありませんので基本的に保険は使えません。ただし、吸引分娩や大きな傷の処置の場合は一部保険の取り扱いとなります。保険適応の処置が生じた場合の費用は別途負担(通常は3割負担)となりますが、自費診療の減額分で一部補填されます。
  • 当院では産科医療補償制度掛け金1万6千円を分娩費に含んでおります。(他施設では別途請求するところもありますので、比較の際はよくご確認ください。産科医療補償制度についてはこちらをご覧ください。)
  • 入院分娩費用値引き制度について(コロナに負けるなキャンペーン中)
    1. 分娩予定日が2021年6月までの方
      分娩予定日が2020年5月より2021年6月までの間、当院で出産歴のある方には、当院分娩1回につき1万円を分娩費用より値引きします。(帝王切開を含む)例えば当院で出産3度目の方は2万円引きになります。
    2. 分娩予定日が2021年7月から12月までの方
      3人以上出産される方に対し一人増えるごとに1万円づつ値引きします。(例:3人目1万円引き、4人目2万円引き・・・過去の分娩施設は問いません。)

入院の時期

  • 10分おきぐらいに規則的な陣痛があるとき
  • 出血(月経程度)があったとき
  • 破水(温かな水がおりる)したとき

お電話でご連絡のうえ、ご来院ください。TEL 06-6330-1135
陣痛かどうかよく分からないけど、ご心配な時にもお電話でご相談ください。

入院中の持ち物

分娩セットや入院中の赤ちゃん用品、お部屋のアメニティまで、入院中に必要なものはすべてご用意しております。
次の品だけお持ちください。

お母さま用
健康保険証、母子健康手帳、産褥ショーツ3枚~5枚、授乳用ブラジャー、出産一時金、出産手当金等の書類
※外来で超音波検査の動画の一部をSDカードに録画しています。また当院で分娩される方には、ベビーの誕生の場面を撮影し追加録画して差し上げています(無料)。ただし分娩の経過や諸事情により撮影出来ない場合もあります。
赤ちゃん用
退院時の衣類(肌着、ベビー服、オムツ)

入院中の生活

当クリニックは患者さまのプライバシーに配慮し、全室個室(トイレ付)です。
ご退院までのひとときをごゆっくりお過ごしください。

  • ご希望により母子同室も可能です。
  • 面会時間は午前7:00~午後9:30です。(コロナウィルス感染予防のため、現在面会はできません。)
  • シャワーはご出産の翌日よりご利用いただけます。
  • ビューティールームでは、フェイシャルエステやフットマッサージなのリフレッシュタイムをお楽しみください。(コロナウィルス感染予防のため、現在サービスを中止しています。)
  • お祝い膳、フルコースディナーなど、心をこめて、季節感あふれるお食事をご用意させていただきます。
  • 入院中に赤ちゃんの聴覚スクリーニング検査を行っています。
  • 当クリニックは全館禁煙です。