過去の対策( 現在は変更されています。

10月26日より:with コロナ時代にむけての当院の体制について制限を一部緩和します。

2020年10月現在、欧米では感染者、死者ともに増加しており、日本では感染者、死者数は一定数でとどまり特に重症者は高齢者に偏る傾向にあります。政府主導でwithコロナ時代の社会に向けて様々な制限が緩和されつつありますが、まだまだ状況は流動的です。今回当院では以下のように、検査体制の充実とともに一部の制限を緩和するようにしていくようにいたします。なお今後感染者数が大幅に増加してきた場合は、当院の判断で急に厳しい制限へ変更することがあることをご了承ください。

  • 入院時の面会の制限について
    入院中は分娩翌日より、ご主人様と同伴のお子様のみ1日1回10分までに限り2階ホールでの患者様との面会を許可します。体調に異変のない方に限り、マスク着用での入場、階段を上がりナースステーションにお声掛けください。2階のホール前で記名および検温をして平熱を確認した後に、2階のホールで患者様とは直接、ベビーとはガラス越しで会えます。祖父母やその他の方の立ち入りはできません。その他医師が診療上必要と認めた際には、入館を許可する場合があります。
  • 立会い分娩の一部再開
    出産の瞬間に立ち会っていただきたく、もうすぐ分娩になりそうなタイミング(陣痛が3分以内の間隔でかつ子宮口が5cm以上が目安、助産師あるいは医師が判断します)でご主人に限り立会いをしていただけるようになります。(やむを得ない場合のみ夫と同伴されるお子様も可、ベビーの祖父母はお断りしています)出産後は、30分後を目安にお引き取り下さいますようお願いします。
  • 妊婦様の新型コロナウイルスPCR検査を妊娠37週ごろでお勧めしています。抗体検査もお申し込みできます。
    現在当院で受けていただける新型コロナウイルス検査は①PCR検査と②血液による抗体検査(IgG検査)があります。前者①は現時点での感染の有無、後者②は過去の感染の既往について調べることができます。
    当院では分娩予定の方全員に妊娠37週ごろのPCR検査を推奨しています。(当院で検査可能、費用は2万円、大阪府在住の方は全額助成あり、妊娠36週の受診時に案内しています。)また、ご希望の方には②血液による抗体検査(費用は5千円、自費)を申し込んでもらえます。遠方から里帰りの方は、里帰り先で2週間待機の上で受診くださいますようお願いします。

7月16日より:新型コロナウイルス感染の拡大のため、面会制限、立入制限、付き添い制限が再度厳しくなります。

  • 外来受診の付き添い禁止
    外来受診時はマスク着用し、患者様お一人で受診してください。病院内へのご家族の付添いは禁止します。
  • 入院時の面会や付き添いの禁止
    入院時に病院内へ患者さまご本人以外のあらゆる方の入館を禁止します。ご家族の面会や分娩時の付き添いもできません。送迎は玄関先まででお願いします。
    (例外:分娩後ご主人様お1人1回に限り、当院の外来時間外で事前に時間予約の上、マスク着用していただき、2階のホールで患者様とベビーとはガラス越しに5分以内の面会を許可します。祖父母やお子様の立ち入りはできません。その他医師が診療上必要と認めた際には、入館を許可する場合があります。)
  • 感染予防のためのその他の変更(3密を防ぐため)
    分娩後のエステサービスはカタログギフトに変更しています。

2020年5月23日より:面会制限、立入制限、付き添い制限を一部緩和します。

  • 産後の面会は事前に申告頂いた同居の家族が、患者様1名に対し1日に1回大人1名に限り15分以内で2階ナースステーション前でのみ面会することを許可します。(やむを得ない場合のみ子供の同伴可)
    ベビーとはガラス越しでご面会ください。
    面会者は入院室には立ち入りできません。
  • 分娩進行中(子宮口4cm以上かつ陣痛5分以内)の付き添いを家族一人に限り許可します。(要入室許可証)
    陣痛が収まった場合は、院外で待機してもらいます。
    入院室あるいは分娩室には家族一人しか入れません。産後も産後約30分を目安にお引き取りください。
  • 外来時間内の外来受診時の大人の付き添いはひきつづきお断りしますが、やむを得ない場合のみ子供の同伴可とします。
  • 今後も地域で再び感染者の増加傾向が認められる場合は、当院の判断で急遽、面会、立ち入り、付き添いを再度制限しますことをご了承ください。